フリーターの叫び!!

フリーターはニートじゃねぇ!!


TOP
フリーターはニートじゃない!
ニートって何なの?
フリーターの定義
フリーターの就職
フリーターからの転職
国民年金保険
国民年金保険料の免除
怒れるフリーターの画像

ニートって何なの?

ニート(NEET)とは
「Not in Education, Employment or Training」の略称で、
1999年、イギリス政府の調査報告書の中の一文から生まれた言葉です。

日本では
『学校に通学せず、収入を得る仕事をせず、15歳~34歳の独身』の中で
働く意思がない、働く意思はあっても就職活動をしていない状態にある
個人を指す言葉として使われることが多いですが、
イギリスでは
『教育、雇用、職業訓練に参加していない、義務教育が終了している16歳~19歳の若者』
がニートとされています。 この中には、病気治療、育児のための離職、産休、離職中、休職中、ボランィアも含まれています。

イギリスでは不況の影響で家庭が貧困になり、学校へ行けない若者が増えました、
若年層の失業率も増え、アルコール、ドラッグ、ホームレスなど
深刻な問題を抱えていた状況でうまれた言葉です。
NEETと失業率とは 、 直結した問題なのです。

同じ言葉でも使われている意味は全く違いますが、
実は日本でも、総務省がニートと定義としている中には、 イギリスと同じく、
病気治療、産休、離職中、休職中、ボランィア、
進学や資格取得のために独学で学習中などの人含まれています。

一方、現在日本で一般的に認識されているニートは、
学校に通う気も、働く気もない。無気力というようなイメージのものになっています。
これは、「働く意欲の無い若者」「引きこもり」などの問題が
マスコミが発信する情報の中で、混同されて一般的に広まってしまったのが原因です。

欧米では明確な定義はされていませんが「社会参加困難者」とされています。
中国や韓国など国によっても違いますが、
その多くは背景に人種問題や地域、階級社会が深くかかわっています。

世界や外国の、経済や産業の報道で『NEET』とでてきたら
日本で一般的に使われている意味とは違うものだと認識して下さい。

© 2012 フリーターはニートじゃねぇ!