フリーターの叫び!!

フリーターはニートじゃねぇ!!


TOP
フリーターはニートじゃない!
ニートって何なの?
フリーターの定義
フリーターの就職
フリーターからの転職
国民年金保険
国民年金保険料の免除
怒れるフリーターの画像

フリーターの就職

就職難の時代、フリーターの就職が厳しいのが現実。
どんなタイプの人が転職できるのか考えてみることにします。

目的をきちんと持って働いているフリーターは就職できる
短期間で仕事を変える事を繰り返していた場合、
企業側では「長く続けられない人間」と判断されるため
正社員として転職する事は難しいと覚悟しておくべきです。

ただし、どんな姿勢で仕事をしてきたのか、
学んできたこと、仕事を変えた理由、辞めた理由などで評価が変わります。
働き先を何度かかえても、今までの職場で学んだことを活かして働いてきた人ならば
企業側の信用をかちとれるはずです。
逆を言えばアルバイトでも、関連性のある仕事の職歴や、
1つの仕事を長く続けた職歴ならば、社会人としての信用を与えることが出来ます。

時間に束縛されない事を有効的に
将来の保障がない代わりに、自由に時間を使えるのが使えるフリーター。
せっかく自由に使える時間を無駄に使っていては転職が遠のきます。
正社員が転職を行う場合、転職先が決まっても、会社の雇用規約によっては、
すぐに勤めている会社から退職できない場合がありますが、
フリーターは職場に束縛されていないので転職先が見つかれば、
正社員より早く新しい職場で働き始める事が出来る利点があります。

就きたい仕事はどんなものか調べる、必要な資格を取るなど、
計画性を持って時間を有効に使う人が転職できる人です。





© 2012 フリーターはニートじゃねぇ!